読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のぞみのブログ

いままで通り、書いていきます。

ツイッターのお気に入りを片付ける。

引っ越しをしている。

持っていくだけの価値があるかどうか、と考えてみると、いらないものが多々出てくる。

どうしようかと迷いながら息抜きにスマホを眺めると、ツイッターのお気に入り(今はいいね!だけど)も案外同じ状況だと気づく。お気に入りにしておきながら、それから一度も見返していないツイートが多い。

この際整理する。

ツイッター上で人のお気に入りをよく覗く。へぇ、こういうことに興味があるのか。意外とそんな方面が好きなんだ、と思う。覗き趣味だから気持ち悪がられるかもしれないけども、お気に入りを誰でも覗ける状態にしているのは誰だと反論する。お気に入りを見たくらいでその人が判断できるなんて傲慢なことは思っていない。気になる人が気になっているものは俺も気になってしまうし、そういうものが意外と俺の感性にどんぴしゃなことが多い。

 

まずは手をつけやすいところから。新しいものから。

 

 二次創作を表すのにそのイラストでいいのだろうか。

 

 知らない言葉が多くて難しい。けど、こんな風に「私」を語ることができるのか。

 

 なるほど。

 

 読む。もはや書評でもない気が。でもうなづくばかり。大塚節炸裂。

 

 記事がおもしろかった。これはとっておこう。

 

 すごいわかる。あの、数年前まで全くわからなかったしむしろ「なんじゃこりゃ!」と小馬鹿にしていた本がふと読み返した瞬間、とてつもない衝撃と共に「めっちゃおもしれぇぇぇ!」となる経験は、なんと言うのだろう。きっと読み解き方がわかったからなんだろう。それまでバラバラに散らばっていたジグソーパズルの、枠組みをようやく見つけたのだ。

そして最近はなんとなく、新しい読み解き方を教えてくれる小説はすごいんじゃないかと思っている。

 

 saosinがepitaphに! やばい!やばい!やばい!やばい!やばい! 一挙両得感ぱない!

 

 すごい。ほんとにインセプション

 

 干されたのかは知らんけども、もはやテレビが数あるメディアのうちの一つなのはわかる。

 

 確かに。この本は気になる。

 

 この漫画は買った。久々に泣きそうになった。墓場まで持ってゆく本の一つ。

 

 こんなサイトが。(ブラウザで)お気に入りしとこう。

 

 横内先生の何年ぶりかの新刊。買いたい。サイボーグクロちゃんも集めたいのに。

 

 あっ、これだ。TLでこのイラストを見たときはびっくりした。サムネイルで見たら何の変哲もないイラスト。これが自動生成ってすごい。原理はまったくわからんのやけど(解説読んでも)。

 

 ほんとだ。真逆。

 

 文脈を辿りたいけど、けっこう前のだからめんどくさいなぁ。でもたぶん時間的にこの順番でツイートしたのでは……?

未来のことは何とも言えないけど、言葉の力があるとは思う。そしてそう言ってくれる言葉は心強い。

 

ああ、あの芸人さんの事件の時だ。たしかになぁ。

 

 ほんとなのかと画像検索してみたら、どうやらほんとらしく、しかもうちの大学らしい。まじか。

この画像のかなしさを今まで人類は味わったことないんじゃないか。

 

 ゲームの画像としか思えない。FFとかの。

 

 そんな感じなのか。確かに考えてみたらそうかもしれない。

 

 リアルタイムでジョーダンは見れなかったけど、コービーを見ることができたのはよかった。

 

 気になる。

 

全然片付かない。取っておいて、またいつか見るだろうと思っていたものが、まだまだこんなにあるとは。

紙とか本とか物としてそこにあると、何がどれだけそこにあるかぱっとわかるけど、ツイッター上にデータとして残っていると、どれだけあるかは数字で置き換えられていて、ぱっとはわからない。記憶にとどまりにくいのだなと気付く。

 

片付けはまた今度にする。